Child's Future

幼児教育の必要性について

以前から、幼児期に質の良い教育を受けさせることは、将来に良い影響を与えると考えられてきました。
実際、幼児教育は、子供にとって重要なものであり、その後の人生を大きく左右させることにもつながるのです。
そこで、幼児期に教育を受けさせることについての、具体的なメリットについて考えていきます。
まず、あらゆることを容易に吸収することができるというメリットです。
幼児期の脳は、真新しいスポンジにたとえられます。
真新しいスポンジは、水をグングンと吸収します。
これと同じように、幼児期の脳には記憶や情報など、何かを新しく吸収することを妨げる要素がありません。
そのため、記憶しやすく、情報を入れやすいと言われています。
また、幼児教育を受けることで、頭を使う癖がつくというメリットもあります。
幼児教育をしなくても、学校へ入学した後に勉強するようになると考える人もいますが、それは容易なことではないのです。
その理由は、頭を使う習慣がないと、学習が難しくなるためです。
幼児期の頃から頭を使い、記憶し考えることで、頭の使い方を学びます。
そして、それが習慣化し、癖へと変化します。
その習慣や癖は、一生消えることはなく、その人の頭脳を明晰にさせると考えられているのです。
つまり、幼児教育は最も必要なことであり、親の責務でもあるのです。

余りに早過ぎる幼児教育は危険

  現在、幼児教育というのが、特に大都市で盛んに行われています。
この教育は、数合わせに始まって、果ては英会話までと幅広く、その教育目的は、一にも二にも良い学校に入り、そのままエスカレーター式に大学まで行くことです。
小学校受験で成功すれば、その後は、その後、何度か続く、受験といった関所をフリーパスで通過できる手形を手に入れた様なもので、入社試験まではゆとりの青春時代を過ごすことが可能である訳です。
多くの場合、幼児教育とは、その様な目的達成のための代名詞とも言えるでしょう。
  しかしながら、幼児期に要らない物事を頭に突っ込むのは危険以外何物でもありません。
例えば、九九は小学校二年生に習得します。
なぜなら、最も習得し易い学年が小学校二年生だからです。
人間には、何事にも旬があります。
そしてその旬には個人差もありますが、同じ人間ですので、大きなブレは無いでしょう。
英語にしても中学校に入学してからで、それ以前は国語をしっかり勉強するというのが日本人である訳です。
それを幼児教育と称して、頭の固まらない時期から英語を習得させるのは得策ではありません。
  幼児教育なら、それ以前に幼児向けの学習がある筈ですので、その方面の教材開発或は、教育手法開発が望まれます。

pickup

宮古島にある青の洞窟でシュノーケル体験
オリジナルTシャツ
ISO移行コンサルなら

最終更新日:2018/5/17