Child's Future

幼児教育の投資の重要性

幼児教育を行うことの理由は、子供の才能を最大限に開花させるためには、脳細胞がたくさんある状態のうちに、たくさんの刺激を与えることが必要だからです。
幼児教育の投資が必要なのは、人間の脳細胞は生まれた時が一番多く、その後大量に失われていきます。
年齢を重ねるとともに、脳細胞の減少速度は低下していきますが、幼児期においては失われる速度が顕著なのです。
これは生まれた瞬間には、周りの環境に対応するためにたくさんの細胞がありますが、適応したのならば無駄な細胞はどんどん死滅することになります。
幼児期にたくさんの刺激を与えることで、その分野における脳細胞を残すことができるのです。
そのため、幼児教育を行い、さまざまな分野においての脳細胞のコネクションを作り上げておくことは、その後の人生に大きな影響を与えることになるのです。
なので幼児教育に対し、投資を行うことは、子供に対して大きな財産を作ることに繋がるのです。

子供の将来のための幼児教育という投資

自分の子供には豊かな人生を送って欲しいと願うのは、どの親も考えは同じであると思います。
日本では最近、小学校から英語の授業が義務化されたことから、入学前に先行投資として英語学習を始めさせる人も増えています。
しかし語学学習だけでは総合的な学力を上げることが出来ません。
母国語である日本語はもちろん、幼児教育では非認知的スキルを向上させる必要があります。
非認知的スキルとは、肉体的・精神的健康の他、忍耐力・やる気や協調性のことを言います。
日本では幼児教育においても詰め込み型の教育を行う傾向にあります。
しかしこの時期は、特に精神面において集中力を鍛えたり、友達との積極的なコミュニケーション能力を身に付けさせる方が重要です。
この幼児教育の時期に養われてスキルが、子供が大人になった時に忍耐力など精神面での強さとして現れることが最近の研究においても証明されています。
子供に投資をするのであれば、しっかりとしたリターンを得られる教育を子供に提供することが親の務めです。

おすすめWEBサイト

しわを神戸で解消

最終更新日:2018/3/1